basic100 - ベーシックな服と靴 -

ラルフローレンやマッキントッシュのファミリーセールの最新情報、御殿場や入間アウトレットの抜け道や裏道などを紹介しています。オールデンやパラブーツ、スリードッツなど、ベーシックなものが好きです。

革靴にハーフラバー、貼るか貼らないか?

time 2015/04/21

sponsored link

駅前にある『靴専科』に修理に出していた妻のブーツとフラットシューズを引き取ってきました。メニューはいずれもハーフラバー貼りで、預かりの日数こそ掛かりますが、その場で貼ってくれるミスター某より確実でキレイな仕上がりです。

IMG_1582

修理品を引き取って帰る道すがら、「そういえば自分の靴にはハーフラバー貼ったことないよな?」と考えていました。オールデンのコードバンは晴れの日限定だし、スエードのプレーントウはウォーターロックソールだから雨が降っても問題ないし‥。

IMG_1583

妻が言うには、「ラバーを貼ったほうがクッション性が高まって疲れない」との事なので、このレペットのように薄いソールならば、貼るメリットはあるかもしれませんね。でも、やっぱり、歩行時にアスファルトを噛むレザーソールのあの感触が好きなんだな〜。

ハーフラバーを貼るメリット

  • 耐久性、靴の寿命が伸びる
  • クッション性が高まり、疲れにくくなる
  • 雨の日でも安心、すべらない

そのデメリット

  • レザーソール特有の感触が失われる
  • 通気性がなくなって靴の中が蒸れる‥らしい

最後の通気性うんぬんについては、個人的にあまり汗をかかないので(ラバーソールのシャンボードでも蒸れを感じない)、一般論として書きました。革靴にハーフラバー、人によって好みが分かれると思いますが、僕は貼らない派です。

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

よく読まれている記事