basic100 - ベーシックな服と靴 -

ラルフローレンやマッキントッシュのファミリーセールの最新情報、御殿場や入間アウトレットの抜け道や裏道などを紹介しています。オールデンやパラブーツ、スリードッツなど、ベーシックなものが好きです。

僕のオールデン遍歴-2-パリのアナトミカでサイズ計測の結果

time 2015/02/20

sponsored link

一昨日に紹介したオールデンのスナッフスエードのチャッカ、正しくはレイドンラストで品番#1494のアンラインドチャッカーブーツでした。雑誌『Begin』257号によれば、”1998年に登場したバリーラストの改良版で、ノーズが短く、ヒールのフィット感が高く、アーチサポートも強め‥”と書いてあります。

IMG_1583

サンフランシスコのAlden Shopでは、何も考えずに#990と同じ7.5Dを選んだんですが、実際に履いてみると薄いフレックスソールが災いして地面からの衝撃を吸収しきれず、すぐに疲れてしまうことが分かりました。サイズに余裕があればインソールなどの対策も考えられましたが、ゆったりしたバリーラストに比べてタイトなレイドンラストでは何も出来ず、まだ新しいうちにヤフオクへ放出するという結末に‥。

img587
※ Free&Easy 2012年1月号より引用

そんな手痛い失敗もあって、しばらくの間は”オールデン熱”も冷めていたものの、2012年に旅行先のパリでアナトミカのタンカーブーツと出会って熱病が再発!(旧ブログ『アナトミカのオールデン-3/タンカーブーツ』を参照)。その際、スタッフにブランノックデバイスという計測器で僕の足を計ってもらったところ、8Dのサイズを勧められました。

IMG_1064

実際に8Dのタンカーブーツを試してみると、欧米人に比べて短いであろう僕の足の指は、グーチョキパーのじゃんけんが出来るぐらいw 足先に余裕が‥。そのことをスタッフに伝えると、「いやいや、その余裕が大事なんです。靴のサイズで重要な指の付け根(ボールジョイント)から踵までのアーチレングスは8、幅はDで間違いないからご安心下さい」と言われました。

IMG_1065

それ以来、2013年に通販でスエードのプレーントゥを2足、2014年にコードバンのプレーントゥを買い足し、現在に至っています。いずれも整形外科用の矯正靴から発展したモディファイドラストなので、履きやすさは抜群! 足の指先も小指までしっかり地面を掴む感覚で歩けるのがありがたいですね。

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

sponsored link

月間アーカイブ