basic100 - ベーシックな服と靴 -

ラルフローレンやジョンスメドレーなどのファミリーセールの最新情報、御殿場や入間アウトレットの抜け道や裏道などをご紹介。オールデンやパラブーツ、スリードッツなどベーシックなものが好きです。

リーバイスの#577 ブーツカットの裾をお直し

time 2014/12/08

sponsored link

この10年間、愛用のジーンズはLevi’s(リーバイス)#577でした。なるべく濃い色をキープしていたつもりでしたが、気がつけばここまで色落ちが進んでしまい、今年の春にA.P.Cのニュースタンダードを買い足したこともあって、履く機会はめっきり減りました。

購入当時(2002年頃)ユナイテッドアローズが様々な生地で#577の別注品を出していて、おそらくこれもそのシリーズの1つだったように思います。お馴染みの腰のパッチも省かれた仕様で、とてもあっさりした外観です。

シルエットはローライズ&ブーツカットという、当時の”美脚パンツブーム”を反映したもので、先日久しぶりに履いてみたら、見た目はかなり野暮ったい! でも、腰回りのフィット感はまだまだ捨てがたかったので、リフォームに出して裾幅18センチのストレートに直してもらいました。

縫い目の外側をほどいて幅詰めした関係で、その部分の生地の当たりはすっかり消えてしまいましたが、まぁ、こんなの本人以外に誰も気にしませんから、引き続き自然な色落ちのジーンズを楽しんでいこうと思います。

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

よく読まれている記事